BBS7.COM
MENURNDNEXT

埼玉県の 耐震診断、耐震補強工事、ホームインスペクション、フラット35適合証明書、耐震基準適合証明、瑕疵保険は 三芳町トラスト・ホーム にお任せ下さい

ホームインスペクション

平成25年6月に国土交通省が策定した「既存住宅インスペクション・ガイドライン」の内容に準拠した検査を行う「既存住宅現況検査技術者」に登録いたしました。
長期優良住宅化リフォーム推進事業を利用する際に同ガイドラインに基づくインスペクションが必要になります。

中古一戸建てホームインスペクション(住宅診断)

中古住宅を購入した後になってから、『欠陥住宅だったらどうしよう・・・』と不安になって、耐震診断を申し込まれる方も結構いらっしゃいます。

そうした中には、「シロアリ害が進行中」「局所的な不同沈下が発生」している建物もあり、診断依頼者は住宅購入を後悔されていました。

建物の耐久性や耐震性に係わる構造部分を確認せずに、人生最大の買い物である住宅を購入することは、取り返しのつかない失敗につながる危険性があり、欧米では住宅購入前に専門家が建物を調査するのが常識になっています。

あなたも人生で最も高価な買い物である住宅を買ってから後悔しないためにも、500軒以上の調査実績のある建築士によるホームインスペクション(住宅診断)をご利用下さい。

中古住宅の円満な売買のために

売主様の場合

売却前に住宅診断を実施することによって、『不具合がありましたけれど事前に対処をました』『不具合はありません』と自信を持ってご自宅をアピールできます。
[check]併せて「耐震基準適合証明書」「フラット35適合証明書」を取得すれば、さらに価値がアップ!

買主様の場合

売主が個人である個人間売買の場合は、瑕疵担保責任(通常では発見できない欠陥に対する売主の責任)は免責、もしくは付いていて2~3ヶ月です。
例えば、床下がシロアリ害でボロボロになっていても、震度5で倒壊しかねないような欠陥住宅であっても、目に見えるところに瑕疵(異常)がなかった場合は、売主の責任を問うことは困難です。

中古住宅の耐震診断、ホームインスペクションで発見された瑕疵の事例

蟻害 基礎クラック スレート破損 サイディング腐食
左から
①蟻害 所沢市南住吉の昭和63年築 庭土が基礎表面を覆っていたため外部からシロアリが侵入
②基礎クラック さいたま市南区の昭和56年築 なだらかな傾斜地で80cmの盛土側が不動沈下
③スレート破損(他4箇所)所沢市北中の平成7年築 塗装かアンテナ業者の不手際と思われる
④サイディング腐食 所沢市北有楽町の平成8年築 天窓からの伝い水が原因

調査内容、項目

耐震のプロ集団木耐協の組合員「トラスト・ホーム」のホームインスペクション(住宅診断)は、他の検査会社とここが違う!

一般の調査会社は、床下調査を台所の床下収納庫から覗くだけとしています。(隅々までの調査をお願いすると料金は2倍以上に)  築5年未満の建物であれば新築時の防蟻剤の効果が残っているためシロアリ害の心配はほとんどありませんので、床下収納庫から覗くだけでも良いと思います、しかし築5年以上の建物の場合は、浴室をはじめとした水廻りの「シロアリ害」や「漏水」の調査は必須です。
[check]当社は、標準で床下に潜って隅々まで調査します。
※ただし、「人通口が無い」「床下が極端に低い」等の物理的にやむを得ない場合は、点検口付近のみの調査になります。

一般の検査会社は、耐震性重要である「柱や筋違の接合金物」や「基礎の鉄筋の有無・底盤の形状」は調査項目に含まれていませんので、耐震的なレベルが判りません
[check]木耐協組合員の当社の調査には、標準で構造的要素が含まれます。

調査項目

  1. 基礎
    ひび割れ、欠損、鉄筋の有無、底盤の形状、コンクリート強度
  2. 外壁等
    ひび割れ、欠損、浮き、剥がれ、シール材の破断(サイディングの場合)等
  3. 屋根
    割れ、欠け、ずれ、欠落、腐食(金属系)
  4. 内壁等
    構造材の状況(柱・筋違の寸法、金物の状況等)、壁又は柱における傾斜、断熱材の状況
  5. 内部の床
    床の傾斜等
  6. バルコニー
    防水層の破断(直下が屋内の場合)
  7. 土台等
    構造材の状況(火打ち・根がらみの有無等)、腐朽等、蟻害、含水率、断熱材の状況
  8. 小屋組
    構造材の状況(金物の状況、小屋筋違の有無等)、雨漏りの跡、断熱材の状況
  9. 給水設備
    漏水
  10. 排水設備
    漏水

Y邸ホームインスペクション pdf「報告書サンプル」(A4全42ページ)

使用機材、測定器

オートレーザー   赤外線サーモグラフィ     含水率系
柱や床の傾斜を測定します  雨漏りや断熱材の欠損を判断 土台の水分量を測定します

鉄筋センサーシュミットハンマー打診棒

鉄筋の有無を確認します  コンクリート強度を測定します モルタルの浮きを確認します

ホームインスペクション(住宅診断)費用

  • ホームインスペクション(住宅診断) 80,000円(税別) 125㎡未満の場合
                      85,000円(税別) 125~150㎡の場合 
                      90,000円(税別) 150㎡以上の場合  
    • 点検口がない等のやむを得ない事情により床下または小屋裏への進入調査が不可能な場合はそれぞれ5,000円を減額いたします。

【オプション】

  • 耐震診断         20,000円(税別)*インスペクションと併せて利用の場合
  • 耐震基準適合証明書発行  耐震診断の費用に含む
  • フラット35適合証明書発行 20,000円(税別)*インスペクションと併せて利用の場合
  • 既存住宅瑕疵保険   保険料       検査料+申請代行料
              45,550円(非課税)+ 50,000円(税別) 125㎡未満の場合
              64,640円(非課税)+ 50,000円(税別) 125~150㎡の場合
              87,070円(非課税)+ 50,000円(税別) 150㎡以上の場合

お申込みからホームインスペクション(住宅診断)実施までの流れ

STEP1. お問い合せ、予約状況確認、その他ご質問

お問い合せ」フォーム、またはお電話(049-293-5540)へお問い合わせください。
 pdf「概要および必要書類」

STEP2.お申込み

お申し込みは下記の「ホームインスペクション申込書」をダウンロードし必要事項を記入のうえ送信いただくか。「お申込み」フォームからお申込みください。
 pdf「ホームインスペクション申込書」

STEP3.トラスト・ホームより「受付」のご送信

お申込み完了のメールをお送りいたします。

STEP4.お客様から当社へ必要書類を送付

図面を含む書類は事前に郵送ください。
日程的に困難でしたら平面図だけでも事前にメールかFAXで送信のうえ残りを当日持参ください。

STEP5.担当者よりお客様へ、当日の待ち合わせ等のご連絡

調査の3日前までに、調査担当者より当日の待ち合わせなどのご連絡をさせていただきます。

STEP6.現地にて調査

建物内外部:2~3時間 *床下、屋根裏の侵入調査を実施した場合:+1時間

売主様に調査時間を忘れずにお伝えください。

STEP7.報告、報告書の送付

  • 検査後に「劣化事象や不具合箇所」等をご説明いたします。購入の判断にお役立てください。
  • 報告書は検査3日以降に指定場所にお伺いし「補修箇所やその優先順位」等をご説明いたします。補修・リフォーム計画の判断にお役立てください。(説明の必要が無ければ郵送)

STEP8.料金のお支払

請求書受取後、7日以内に指定口座にお振込みをお願いいたします。

ホームインスペクション」Q&A

Q1.調査結果は説明してくれますか?

ほとんどの調査会社は、当日現地で説明して報告書は後日郵送ですが、当社は当日「購入の可否の判断」に必要な欠陥の有無や不具合・劣化事象を説明して後日改めてお会いして報告書に基づいて「補修箇所やその優先順位、概算費用」など説明いたします。

Q2.屋根裏と床下も標準で調査してもらえるのですか?

ほとんどの調査会社は、基本料金では屋根裏や床下の調査は点検口から覗くだけとしています。 しかしそれでは“雨漏り”や“シロアリ害”に対して責任ある回答はできませんので、当社は天井裏と床下の詳細調査は標準で行うべきと考えています。

必ず事前に売主様に了承を得てください。

Q3.屋根裏+床下まで調査すると12万円と高額で報告書は郵送のみというところもありますが、御社はどうしてそんなに安いんですか?

1軒当たりの所要時間は、現地調査:約5時間+報告書作成:約8時間+結果報告:約3時間で、合計正味2日間強です。
国土交通省「設計業務委託等技術者単価」に基づき、技術者の基準日額を3万円で計算した適正価格でサービスを提供しております。 屋根裏+床下の調査は1時間程度ですので、どのような内訳で5.5万円もの追加になるのか理解に苦しむます。
また、事務所から車で1時間以内を出張エリアとしていますので、必要以上の交通費や移動時間手当が生じません。


powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional